2月13日に福島・宮城で震度6強の地震が

2月13日、午後11時8分頃に福島県沖を震源とするマグニチュード7.1の地震が発生しました。2011年の3.11東日本大震災の震源地近くで発生した余震ということです。関東でも揺れが長く続きました。

東日本大震災から10年経ち、復興が進んできてこれからという矢先の大地震。東北の人たちは10年前を思い出し、どんなに怖かったことでしょうか?
津波の心配はないと聞き、ほっとしました。でも、住宅被害などがあり、これからまた大変な時を過ごすことになると思います。負けないでほしいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です